借地権の相続マスター

借地権の相続に関して解説します



頻発するトラブル

農業借地権の相続となると、やはり多くなってしまうのが地主とのトラブルです。もともと借地権というのは地主がいて、その地主から土地を借りる時の権利を獲得しているという状態となっています。そのため、地主が「相続させたくない」と思った場合は、拒否されることもあるのです。ただ、一方的に拒否されたところで、借地権を持っている方にとっては困った事態になることも多いかもしれません。借地で農業や店をやったりする人もいれば、会社や工場をやっているという方もいるでしょう。そういう借地権に関しては、地主とトラブルになることによって解消されてしまうこともあります。

それらの規定についても借地借家法で決めているので、そこも理解しておくことが必要となるでしょう。特に相続の場合、家族や親戚などに相続する場合は問題ないのですが、遺贈する場合などは地主も警戒することが多かったりします。それらの点もしっかり理解して話を進めていくことが必要となるでしょう。場合によっては交渉なども必要となってくるので、地主とはしっかり関係を築いていくことも必要となるのです。関係が悪いという場合はトラブルも頻発することがあるので、じっくりと話し合いを進めてみてください。また、こうしたトラブルを第三者に相談する方法もあります。相続した借地権に関する相談のできる業者もありますので、費用は多少発生してしまうかもしれせんが、地主との関係が悪化する前にプロの意見を聞いてみることもおすすめです。

関連サイト・・・借地権に関する相談「ピタットハウス」

相続税と相続評価額

電卓借地権の相続税相続評価額に関しては、どのように決まるのかわからないという方も多いかもしれません。確かに計算に関しては、そもそもそこまで頻繁にするというものではないので、理解している方は少ないです。簡単に説明すると、相続税や相続評価額に関しては借地権割合による算定で出すことができます。例えば、1億円の価値があるもので60%の借地権だった場合、その相続評価額は6,000万円となります。借地権の割合がどのようになっているのかについては、それぞれの借地権ごとに違ってきます。地主とどうやって決めたのかによっても変わってくるので、そこはしっかり理解しておくことが必要となるのではないでしょうか。

くれぐれもそれらの算定に関しては、ミスのないようにおこなっていくことが必要となります。もちろん、相続する予定の相手もしっかり理解してもらうことが重要です。相続する相手が息子や娘であれば、相続の際に必要となる費用などもしっかり教えておくようにしましょう。また、遺贈する場合は評価額なども遺贈する相手に伝えておくことが必要となります。それがその後の地主とのトラブルを避けることにも繋がっていくでしょう。くれぐれも注意して計算しておきましょう。

地主の許可の有無

家借地権では、通常の相続は許可が不要となっています。基本的に相続させる度に地主の許可を取得していくというのは、なかなか敷居やハードルも高いのではないでしょうか。しかし、基本的には許可が必要ないので、自分が相続させたいと思っている人に相続させていくことは可能です。ただ、もちろんですが相続する場合は、それに関係する規定なども理解しておくことが必要となるでしょう。その他、相続で必要となってくる費用などについても考えておくことが必要です。それと、注意しておきたいのが。遺贈による相続の場合は許可が必要となるということです。

遺贈する場合、借地権は地主の許可を必要とすると規定で決まっています。つまり、借地借家法では条件がそれぞれ違ってくるということになります。その点は事前に確認することが必要となるでしょう。通常の相続になるのか遺贈による相続になるのかについても熟知しておくことが必要となるでしょう。ただ、そこまで難しいものではないので、不安になったり心配になったりする必要はありません。あくまでも遺贈する場合は許可が必要となるだけであって、地主の方も許可をくれればそれで大丈夫です。単純に相続する場合も問題はないでしょう。

借地権の相続知識

借地権に関しては、相続することができるのを知っているでしょうか。実際に借地権は噛み砕いて言うと、土地を借りる権利です。人によっては土地を借りて会社をやったり、農業をやったり、店をやったりするかもしれません。土地というのは本来国のものなのですが、それを個人が買って使うということもできます。しかし、土地自体が高くてなかなか変えず、借りているという方も多いでしょう。

おじいちゃんそういう場合、長くずっと借りるということも多いです。それこそ10年や20年は当たり前です。また、そこで気を付けておきたいのが、世代交代した時のことです。借地権を持っている本人が、息子や娘に相続させたいという状況も出てくるでしょう。そういう時、しっかりと気を付けておきたいことも多いのです。例えば、相続するとは言っても、相続税や相続評価額などについて知っておかなくてはなりません。また、地主などの許可の有無があるのかどうかによっても変わってきます。地主とトラブルになれば、相続させてくれないということもあるかもしれません。

それらの細かな情報に関しては、しっかりと理解しておいた方が良いです。このサイトでは借地権の相続に関して解説するので、関係しているという方は、ぜひ参考にしてみてください。もちろん、内容によっては人生を左右するということもあるかもしれないので、じっくりと考えておくようにしてはいかがでしょうか。そうすることで、より安心して相続することができるようになるはずです。